NEWSお知らせ

職人技が光る! 研ぎ出し黒板のヒミツ

黒板の種類

 変わらないように見える黒板世界にも、新しくグレーの黒板が登場していることは以前お伝えしましたが、昔ながらの緑色の黒板にも実は種類があります。今回は、中でも珍しい【研ぎ出し黒板】と呼ばれる黒板を紹介したいと思います。研ぎ出し黒板は、一見すると他の黒板と違いはないように見えます。しかし!それは、黒板職人の技が込められた逸品なのです。

研ぎ出し黒板とは?

 研ぎ出し黒板と聞いただけでは、どのような黒板かイメージするのは難しいと思います。私も作り方を教えてもらうまで、他の黒板との違いが分かりませんでした。ところが、実際に製作現場を見ると、とても凄いことが分かります。作業工程は多くありますが、特に水で研ぎ出しをしている作業は、研ぎ出しとはこういうことなのか!と思わず納得しました。

力加減の難しい研ぎ出し作業

研ぎ出し黒板の製造工程

長年の経験により培われた職人技術

 黒板製作歴40年の当職人によると、研ぎ出しの難しい点は多くありますが、特にあげるならば「化粧仕上げ」だそうです。化粧液を色むらができないよう短時間でさっと塗り広げる必要があり、やり直しもきかないので特に神経を使うそうです。上塗り塗装を均一に吹き付ける、研ぎ出しを下地が出ないような力加減で行うなど、経験年数の必要な繊細な作業が多くあり、研ぎ出し黒板を製作できる会社は現在少なくなってきているそうです。

研ぎ出し黒板の特徴

 研ぎ出しとは、「素材を研磨して、良い表面を磨きだす」ことです。その綺麗に整えられた黒板の表面は、チョークの書きやすさ、滑らかで柔らかな書き心地が格別だそうです。さらに、チョークは落ちやすく消しやすいという素晴らしい性能になっています。ただし研ぎ出し黒板は水に弱いので、基本として黒板消しを使用し、日常的に水拭きをするのは避けた方が良いです。

研ぎ出し黒板はどこで使用されているの?

 藤木工業のある福岡県では、福岡市立の小中学校、福岡県立の高等学校はすべて研ぎ出し黒板を納品しています。完成した研ぎ出し黒板は、水に濡れるとその部分がシミのように変色してしまうので、納品時には雨に濡れないように、雨の一滴もつかないように、箱入り娘を嫁に出すように丁寧に出荷しております。

このように、教室の風景の一部である黒板にも種類があることを知ると、黒板を見る目が少し変わってくる気がしませんか?手をかけて製造された黒板にちょっと興味を持ってもらえると嬉しいです。

more

お見積もり・ご注文はお気軽にお問い合わせください。

学校や会社からの注文はもちろん、個人でのご購入やプレゼントも承っております。1台・1枚からお見積もり・ご注文を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

HPでのお問い合わせはこちら